スペインGP

ヨーロッパで生まれた WGPレースの歴史
カタールGP(出張レース)終わり ここからが
コンチネンタルサーカスの始まり

久しぶりにCSで最初からスペインGP観戦
やはり125クラスは面白い 途中から雨が降り始め 波乱含み
手前味噌だが 解説も一流 夢中で見ていたら
ひさびさに速くなりそうな 日本人ライダー尾野くん
今回の結果を自信につなげて 欲しい。  [:グッド:]

相変わらず ヘレスサーキットの大観衆は熱い
レース文化を実感する。

ヘレスでは嬉しかった事 悲しい思い出 
いろいろと考え深い  

91年坂田和人を世界に出す為
我が貧乏プライベートチーム 全員一丸となり
すべて自分達でやった 最後のチームでは
苦労したけどチームは 強くなった。

不眠不休で部品やタイヤなど船便で
elfダニエル氏の協力から ベースはフランスTECH3に
日本人を始めて受け入れてもらい 
その後 現在も多数の日本人ライダーも面倒みてもらう事に

91年へレスサーキットまで1人で部品持って 空港からレンタカーを
借りるのに身振り手振りで3時間、地図だけ頼り 道も間違いながら
やっとこさ たどり着いたサーキット  若かったの〜

MOTO GPも雨の生き残り サバイバルレース
多分 バレンチィーノ 転倒した時クラッチレバー握ってたな 流石[:拍手:]

スペイン国王も激励 レースの歴史と文化感じて

何か元気と ヤル気出てきたかな? [:嬉しい:] 

“スペインGP” への1件の返信

  1. サバイバルなレースでしたね。開幕戦からHONDAやYAMAHAが速かったので、何とか「一矢」をと思ってましたが、バレちゃん命中し過ぎ!(^^)!・・・ 
    でも転びながらもクラッチを握っているあたりは、百戦超磨の職人の本能でしょうか。「危険を嗅ぎわける」本能は、三郷の職人工房の親方にも通じるものがあるような・・・

なかざとたけし にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です